2021年8月11日水曜日

第63回 東京私学女子ソフトボール選手権大会

8月3日~4日 大田区ガス橋グラウンドにおいて、私学選手権大会が行われました。

藤村女子の試合結果は以下の通りです。

【第63回 東京私学女子ソフトボール選手権大会】

優勝‼︎

会場:ガス橋グラウンド


~決勝トーナメント1日目 8/3日(火) ~

《ベスト8決め》

VS 桐朋女子高校 7対0◯(5回コールド)

P栗田、髙橋-C渡部

【三塁打】門脇

【二塁打】栗田





《ベスト4決め》

VS 東海大学菅生高校 9対0◯(5回コールド)

P髙橋-C渡部

【本塁打】門脇、栗田

【三塁打】星野

【二塁打】栗田、星野







~決勝トーナメント最終日 8/4(水)~

《準決勝》

VS 神田女学園高校 1対0◯

P栗田-C渡部

【本塁打】栗田






《決勝》

VS 東京立正高校 1対0◯

(9回タイブレーク)サヨナラ勝ち

P栗田-C渡部





3年生にとって最後となる東京私学選手権大会。最終日は、なかなか得点に結びつかず苦しい場面もありましたが、ベンチも含め大きな声を出し、盛り上げながらチーム全員で気持ちを1つに戦いました。「全力を尽くし、本気で愉しむ」というモットー通り、全試合に臨むことができました。


決勝戦、タイブレーク9回の裏。満塁で迎えたバッターがヒットを放ち、最高の勝利をつかみ取りました。試合終了とともに学年関係なく抱き合い、お互いを称え合いながら笑顔と涙でぐちゃぐちゃになっている部員達を見て、代々受け継がれてきた藤村ソフトボール部の精神は、今後も確実に後輩達に繋がれていくという思いが確実なものになりました。


今シーズンの公式戦では可能だった藤村ソフト部公式InstagramでのLIVE配信も関係者のみのアカウント限定となり、観戦を楽しみにしてくださっていた皆様方より、とても残念というお声をたくさんいただき、とても励みになりました。たくさんのご声援本当にどうもありがとうございました。


そしてこの情勢の中、大会実現・運営のために尽力してくださった関係者の皆様、どうもありがとうございました。





文責:顧問 櫻庭


2021年6月20日日曜日

令和3年度東京都高校総合体育大会 兼 第73回全国高校総体女子都予選


6/6より東京都のインターハイ予選が始まり、藤村女子は関東大会後の6/13より試合に参戦いたしました。







11人が「藤村らしく明るく元気に部員全員で戦う」という強い思いを持ちながら試合に臨みました。また、3年生全員が出場し、それぞれの気持ちを込めてプレイする姿を後輩達も熱く応援していました。








自分にできることやチームのためにできることを考え、声をかけ合いながら全力で戦うことで、改めてソフトボールの魅力を実感していたように思います。








目標としてきたインターハイ出場が叶わず、悔しさは計り知れませんが全員総力で最後まで戦い抜きました。









今大会も無観客試合となりましたが、インスタライブの中継では過去最大数の方々からの応援をいただくことができました。やコメントなどを送ってくださった方も多く、たくさんの力をいただけたことに感謝いたします。









改めまして大会実現・運営のために尽力してくださった関係者の皆様、本当にありがとうございました!

 

藤村女子の試合結果は以下の通りです。

 

①《6/13()会場:共立第二高等学校

VS 都立保谷高校 101◯(5回コールド)

P髙橋-C渡部


 6/13()会場:共立第二高等学校

VS 目黒日本大学高校 23●(タイブレーク)

P栗田-C渡部


結果 東京都ベスト8







2021年6月7日月曜日

第71回関東高等学校女子ソフトボール大会


65日~6日 栃木県大田原市において行われた関東大会に出場して参りました。

今大会は、参加人数に制限が設けられたため、同行できなかった仲間達の気持ちも胸に現地入りをしました。前日のミーティングでは、監督より「全員で楽しんで、心でソフトボールをしよう!」という言葉や、東京の仲間達から届いた応援動画のサプライズもあり、たくさんのパワーをもらうことができました。


藤村女子の試合結果は以下の通りです。 

令和3年度第71回関東高等学校女子ソフトボール大会 3位 




①《6/5()会場:大田原グリーンパーク

VS 常磐大学高等学校(茨城県)20◯

P栗田-C渡部 




②《6/5()会場:大田原グリーンパーク

VS 矢板中央高等学校(栃木県)10◯

P栗田-C渡部




6/6()会場:大田原グリーンパーク

準決勝

VS 山梨学院高等学校 24

P栗田-C渡部 




1人1人が様々な強い想いを抱きながら迎えた試合当日。大きな舞台でも、いつも通りプレイをすることや、自分たちで鼓舞しながら流れを変えていくことの難しさを実感していたように思います。関東大会3位という結果に決して満足していない選手たちの表情が印象的でした。 

この大会での気づきを大切に、来週からのインターハイ予選に挑んで参ります。藤村ソフトボール部のモットーである「全員総力」、これまでの練習で仲間達と培ってきた力を存分に発揮できるよう、チーム一丸となって頑張りますので、引き続きご声援をお願いいたします。 

予選に引き続きまして、インスタライブ中継を通して応援してくださったたくさんの皆様、そして大会運営のために尽力してくださった関係者の皆様、どうもありがとうございました。


また試合終了後に、監督の粋な計らいで栃木県のパワースポット「唐澤山神社」に行き、勝ち運をたくさん吸い込んで帰ってきました。気持ちを新たに、笑顔で1日1日を充実させながら来週を迎えます! 

文責:顧問 櫻庭